無料ブログはココログ

« 思い出させてあげる | トップページ | こんちゃん、またね (* ^^)/ »

住んだからこそ都

Ca9cgfxt 今晩は、俺の原宿家族と晩餐した。

となりのフランス人C君と彼女のD子(”浦安サバイバル日記”参照)、不動産関連で俺達の大家でもあるD君(”雪の中の国際ビジネス”参照)、V子(”思い出させてあげる”参照)、それに共通の友達の子2人。

そりゃ、血のつながりこそないさ (^.^;

でも、みんなこの辺りに住むか仕事していて、いつもまず俺かC君のところに集まってはおしゃべりしたり遊んだりしている、 気の合う家族のような仲間達 

♪ヽ( ⌒o⌒)人(⌒-⌒ )v ♪

俺は日本に帰ってくるたびに、成田から家につくとまず真っすぐ彼らに会って、一緒に、うちから徒歩1~3分圏内に数多くあるレストランのどれかに行く。うまい和食を食べてくつろぎながら、また原宿に帰ってきたなあって、毎回ほんとにしみじみするんだ  (^ц^ )

今回は、『Chez Taikai (Chez=~の家で、っていうフランス語)』っていう、青山大学近くの鍋料理に行ったけど、まさに一家のように和気藹々だったよ (^ Q ^)/゛

C君がまたいつものように飛ばしはじめる。C君はリクルーターなので、面接希望者と会うことが多い。ある日、アメリカ人と結婚していて姓がダン、名前が綾子って子が来たんだって。その時の会話:

面接の子: (英語で話しながら) 「初めまして、名前は アヤコ・ダン です」

C君: (まじな顔で) 「えっ、何ですか? オヤコ・ドン ですか???」

面接の子: 「 w(@。@;)w ・・・・ 」

それから、C君が近所で大発見! 竹下通りって、英語で読むとどうなるか知ってる?

『Takeshita Street』 ⇒ 『Take Shit a Street (=うXこを拾え!通り)』

うちから原宿駅に出るのに必ず通る竹下通りと明治通りの交差点上には、通り名がわざわざ英語で誇らしげに書いてあるんだよね。

ククク、見るたびに、爆笑しちゃうぜ ヾ(@゜▽゜@)ノ

ちなみに、この『Chez Taikai』鍋料理はなかなかうまかったのだが、量が非常に多く、1人8000円と、鍋にしては相当高かった。しかも、土曜だというのに10時過ぎると追い出そうとする。

だから、写真のように、一文字隠して皮肉ってやったぜ (^凹^)

俺がここに引っ越して来たのは去年11月。たった3ヶ月でまたいなくなっちゃうなんて、なんか信じられないよ。

でもこの3ヶ月は、とにかくむちゃくちゃ濃かった

たとえば、俺はここ1ヶ月くらいテレビを見てない。公私共にすごくドラマチックで劇的だったので、テレビや映画の出る幕はなかったってわけさ  ヽ( ´ー)ノ

とにかく、こんな素晴らしい仲間を得られて、俺はほんとに幸せ者。

信じられないけど、もうしばらく会えないんだよね・・・・ほんと残念で悲しい。。。 

でも、みんなお互い頑張ろうぜ \(⌒0⌒)

« 思い出させてあげる | トップページ | こんちゃん、またね (* ^^)/ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

昨夜の鍋屋「シェ・タカイ」、おっともとい、「シェ・タ“イ”カイ」でのもうひとつの笑えるエピソード。私が飲んでいた発砲水をC君も注文しようと・・・

C君:「僕も同じスパークリングウォーターがほしいんだけど。」

ウェートレス:「はい、おなじのでよろしいですか?」

C君:「もっと大きいボトルある?」

ウェートレス:「すみません、ありません。・・・大きいグラスだったらありますけど。」

C君と私「・・・・。」

思わぬ返事に二人して噴出してしまいましたが、聞いたらウェートレスさん、中国籍とのこと。一生懸命客の要望に応えようとしてくれた姿勢に感謝、感謝。

それにしても鍋屋の後にいった『のんべい横丁』の敷地面積3畳ぐらいの飲み屋、隠れ家的でなかなか印象的だったね。できればあのまま飲んでいたかったなあ。(といいつつ睡魔に襲われて無口になってた不束ものですが。)次回は最終電車のことは忘れて、あそこで朝までまったり皆で語り明かすのも悪くないかもね。

ぞか気をつけて。また3月に戻ってきたときは飲みにいきませう。

テレビの出る幕なし。。。だね。
ほんとにその行動力にはびっくりさせられた3ヶ月。
人が来る、来る。合間に泳ぐ、泳ぐ。
そのスケジューリングには感服するばかり。ちょうど仕事がピークの真っ只中でいつもいつも最後にちょろりと参加するだけだったのは悔やまれるけど。。。楽しかったよ。

このブログもこれからがもっともっと楽しみだね。ドイツの空の下でどんなドラマチックな生活が待ち受けているのか。。。o(^-^)o

「隣のおにいちゃん」がいなくなるのは寂しいけど、ね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住んだからこそ都:

« 思い出させてあげる | トップページ | こんちゃん、またね (* ^^)/ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31