無料ブログはココログ

« ”連邦”共和国に物申す! | トップページ | 初の家具がやってきた »

ついに訪ねたポーランド

2006_0409office07042006b0034 2006_0409office07042006b0036

2006_0409office07042006b0039 2006_0409office07042006b0040 2006_0409office07042006b0041

日曜日も快晴! だったので、前から気になってた隣国ポーランドに行ってみたよ (^.^)

ブリュッセルにいたときには、ポーランドはずいぶん遠くに感じた(一度しか行ってない)けど、ベルリンからは一番近い外国。あまりスピードも速くない国鉄で、1時間で着いちゃうんだ。

ドイツ側の国境の町はフランクフルト(正確には、フランクフルト・アン・デル・オーダー)といって、教会の多い小さな町。本場の!?よく知られている国際都市フランクフルト(正確には、フランクフルト・アム・マイン)とは比較にならないくらい、こじんまりしてる。

フランクフルトは徒歩で回れる大きさ。いかにも東ドイツチックな、共産主義時代から放棄されたような施設も残るわりに、一部の建物やバスや大学だけ妙にピカピカの、不思議な町だった。

国境には川が流れていて、みんなのんびり散策しているんだけど、よくよく見ると、なんと増水して洪水に! ベンチもこの有様で、近づけない(写真一番左) ( ・∇・)

対岸(左から2番目の地図の右側)がポーランド側のスゥービッツェ(Slubice)という町。すぐ近くに見えるし、実際みんな気軽に橋渡って買い物に行く距離。

”平和の橋”ってのがかかっていて、一人一人、ドイツとポーランドの警察が隣り合わせに座っている前で、順番にみんなIDカードを見せて行く。

・・・が、EU市民でない俺は、パスポートを出して、吟味された上仰々しく2カ国からスタンプを押される。気づくと、後ろに行列が 。なんか恥ずかしい~ ヽ(ー_ー )ノ

そうして晴天下、1分で橋を渡ると、そこは本当のポーランド・・・だった!!!

みんなポーランド語を話しているし、看板とかも観光用のもの意外は、すべてポーランド語のみで、何書いてあるんだか、全然わからない ヽ(  ̄д ̄;)

国境の町なので、ドイツより安い物価とか税金を利用した商売はすごい。タバコ屋がすごいたくさん軒並みあるし、ガソリンスタンドにはドイツナンバーの車が列をなしてる。

感動したのは、スーパーや金物店が全部日曜営業していたこと!! 日曜は全部法律で閉店しているドイツから来ると、まるで奇跡のようだ v(^。^*) 

つい興奮して、よけいなものまで買ってしまった・・・

まあ、スゥービッツェ自体は、ドイツ側より貧しい感じの、なんでもない町だった。でも、教会から出る人が、神殿の方を向いてひざまずいて礼をしているのとかを見て、やっぱポーランドに来たなあって、その昔を思い出して、感動したよ。

ちなみに、ポーランドに脚を踏み入れて最初にやったのは、ブリュッセルの元彼女に電話したこと(アジア某国のAちゃん、ごめんよ~ :-))。

「へへへ、君の国に、ついに来ちゃったぜ!!」

と、素直に喜びを伝えたかったし、元彼女も喜んでいろいろ教えてくれた。

そのアドバイスで買った、ただのスーパーにある平凡な安いパンを買い、帰ってベルリンで食べてみると、忘れられないくらいうまくて、大正解だったよ (V^-°)

« ”連邦”共和国に物申す! | トップページ | 初の家具がやってきた »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ポーランド行ったことないけど確かに町並み
はドイツとさほど変わらないね
写真見たいから今日みたいにたくさん写真
日記はうれしいね

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついに訪ねたポーランド:

» 絶対わざとやってる [もなみ]
お昼の12時頃、郵便配達のおじさんがきた。そのおじさん股間のチャックが全開(笑)しかもそれだけじゃなくて、内容物までもがパンツと共に出ている。(´▽`*) [続きを読む]

» エラ呼吸じゃないんだから(笑) [増田加奈子]
博士とヌレちゃんがいない間、大変だったんだから!!急に変なおじさんと偽ヌレちゃんが来て、ずーっと私のことを「トシ子、トシ子」って呼ぶし、偽ヌレチャンは「ヒィーッハァッ」しか言わないし・・・・ [続きを読む]

« ”連邦”共和国に物申す! | トップページ | 初の家具がやってきた »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31