無料ブログはココログ

« いやらしい面接官 | トップページ | パーティー、そして・・・ »

国際都市!?ハンブルク

_202 _232

_218

_224 

_211

もう先週末のことだけど、1泊2日でハンブルクに行ってきた。西ドイツ北部の町で、人口ではベルリンについで2位。

結構距離はあるんだけど、新幹線で1時間半で着く。

ドイツ国鉄は料金体系が異常に複雑。よく理由はわからないが、前もって予約すると、とにかくすごい違うんだ。

普通料金なら2人で往復3万円以上するところを、1週間前にネットで予約したら、たったの12,000円で済んだ・・・ なんと3分の1! w(°o°)w 

2人とも初めて行く場所だし、きれいな港町で観光都市という話なので、まずはボートツアーを楽しむことに。

チケットを買って、小さなボートに乗船。いざ出発!

・・・と思ったけど、俺の中では何か違和感がある。何が違うのかなあと思ったら、わかった! この町、あまりにドイツ的っていうか、雰囲気的な意味で国際感がまるでないんだ。

他の国ではどこでも(プラス、ドイツでももしベルリンなら)、こういうボートツアーみたいのって、いかにも外人観光客向けでしょ。だから、英語とか各国語で案内があるのは普通でしょ。別にベネチアやギリシャじゃなくても、フランスでもベルギーでも当たり前のことでしょ。

ハンブルクでは、その当たり前がなかった。ボートのチケット売り場でもドイツ語しか書いてない。出発してから船長がいろいろ案内してくれるけど、当然のように全部ドイツ語のみ。

・・・周りを見ると、他の乗船客でドイツ人でないと思われるのはうちらだけ。

世界中からの物資が入ってくるドイツ一の港町で、大都市で、しかも観光都市なんでしょ。これはちょっとした、カルチャーショックだった ヽ(。_゜)ノ

なんで!!?? これを見ちゃうと、ベルリンがすごい国際都市に見えてくる。

ツアーの内容も、いかにも産業的というか、ドイツ的だった。

最初はきれいな運河を走行するけど、そのあとは、ひたすら巨大なクレーンやコンテナ船が続く港に出る。しかも、コンテナ船の修繕ドックの前にわざわざ停泊して、中を見せて説明してくれる。みんな、熱心に写真を撮ってる。

「・・・このドックは50年前に建てられて、今では年間xx隻の修繕をしてるんですよ 」

って、これはもしかして、社会科見学!!??

(Fish & Chipsみたいなもの)がおいしかったし、もちろん恒例のショッピングもして、なかなかリラックスして楽しい週末だった。

でも、次の小旅行は、ドイツの外に出たいなあ (^v^)

« いやらしい面接官 | トップページ | パーティー、そして・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ハンブルグは前の会社の本社があったから何度か行ったよ。運河の多いきれいな街だよね。アルスター湖の前のケンピンスキーに偶然泊まらせてもらえて、最高だった。湖一周ジョギングしたよ。9km!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際都市!?ハンブルク:

« いやらしい面接官 | トップページ | パーティー、そして・・・ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31