無料ブログはココログ

« 人心掌握の技!? | トップページ | 運河のある街 »

ポーランドの春

Warszawa 復活祭の始まった6日、俺は数ヶ月ぶりに、再び隣国ポーランドの土を踏んでいた。

俺はポーランドに来ると、必ずひどい悪天候になるというジンクスがある。

10年前に初めてポーランドのルブリン(Lublin)に行ったときは、確か10月くらいだったと思うけど、4日間くらいの滞在中ずっと雨嵐で、とても寒く、外に出て歩くこともままならかった。

しかも、まだ共産主義崩壊から5年後くらいだったので、町中工事現場だらけで、雨で泥だらけになり、カフェに駆け込む始末だったのだ (/--)/

去年12月にワルシャワに来たときも、横殴りの雪の後、翌日は横殴りの雨で、すっかりすぶ濡れに (/--)/

… 今回はジンクスを晴らして、みごと晴れ … 時々曇り!!

寒い国に行く時、天気がいいというのは全然気分が違う。今回初めて、ポーランドのよさが少しはわかった気がした。

時間が結構あったので、おしゃれなショッピング通りになった Nowy Swiatや、小さいけど気品のあるワルシャワ大学、それに旧市街(Stare Miasto)をのんびり歩いてみた。

ワルシャワは、第二次大戦でドイツ軍によって徹底的に破壊された町。

今立っている建築物はすべて戦後にできたものだけど、ポーランド人はものすごい執念で、戦前とそっくり同じ美しい町を復元してしまったのだ。

旧市街だけではなく、今ではそんな復元が、どんどん町中に広がってきていている。それらは実に調和が取れているので、まるで昔からの町にいるような錯覚がする。

まあ、よ~くみると、ペンキがわざと剥げているように塗っていたり、いろいろ工夫しているみたいだけど (^u^)

それにしても、人間、やれば何でもできるんだなあって、感心したよ。これだけの規模で、しかも、観光客向けとかじゃなく自分たちのプライドと生活環境のために行うなんて、半端な意思でできるもんじゃないから。

それ以外にも、琥珀製品が有名だと聞いていたけどほんとに多いこととか(おみやげに調達!)、たぶん民族性だろうけど、銅像や記念碑がとても多いこととか、いろいろ気づいた。

どっかに書いてあったけど、ポーランド人は新聞をあまり読まないとか。確かに、新聞を読んでいる人を、駅の近くでさえほとんど見かけない。不思議~!

でも、本屋の数はとても多い。ドイツも多いけど、ポーランド人もよっぽど本が好きなのかな (^.^)

ところが、次に行く、ワルシャワの隣の地域の地図を探して何件もしつこく本屋を回ったんだけど、店員に聞いても、どうしても見つけられない。

全国地図を買うしかないらしい。。。。

そんなばかな!!

いかに観光地でないとはいえ、東京の本屋で、『静岡の地図』や『四国の地図』がないということは、考えられない。もちろん、ドイツでもそんなことはありえない。

…そのくせ、外国の地図はいっぱい並んでいるのだ。フランスだの、ドイツだの、デンマークだの、トルコだの。。。 各国の観光ガイドも、ずらりとポーランド語で並んでいる。

えっ でも その前に、自分の国の地域の地図は、ないわけ!?

もちろん、全部がないわけじゃなく、ポーランド国内の主要都市や主要観光地は全部カバーされている。でも、地図がどこにも売ってない地域ということは、イコール、地元の人が誰も行かないということなのだ。

ポーランド人の友人に話したら、

「みんな外国嗜好になってきたからねえ。」 と言うではないか。

そう、これもグローバル化のひとつの波なんだろうな、と感じた。

10年前は、ポーランド語で書いた外国の旅行ガイドを見つけることさえ、困難だった。でも、ポーランド人はリッチになり、自国でも外国でも距離にあまり関係なく、行きたい観光地に出かけるようになったのだろう。

40年間、ほとんど外国に出る許可をもらえず閉じ込められてきただけに、その鬱憤は強いみたいだ。

でも、歴史は揺り戻すものだ。

すぐ近くにあって行ける、自国内のくつろげる場所が見直される日は、きっと必ず来るだろうね。

静かに激変するポーランドを、今後もウォッチしていきたいと思う。

« 人心掌握の技!? | トップページ | 運河のある街 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポーランドの春:

» まずは、コーヒーの説明から [コーヒー]
「コーヒー」はアラビア語でコーヒーを意味するカフワ が転訛したものである。その語源は、元々ワインを意味していたカフワの語がワインに似た覚醒作用のあるコーヒーにあてられたという説と、エチオピアにあったコーヒーの産地カファ (Kaffa) がアラビア語に取り入れられたという説がある。 日本語で書くと「珈琲」である。... [続きを読む]

» 北海道 土産 [北海道 土産]
北海道 土産から観光地のグルメや名産品などの 美味しい情報をお伝えします。 [続きを読む]

« 人心掌握の技!? | トップページ | 運河のある街 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31