無料ブログはココログ

« 生活の喜び | トップページ | 生まれてすぐ出社!? »

つかのまのパリ暮らし

ようやく春が訪れ木々が芽を出すパリに行って来た。

Dsc_0052_5

Dsc_0166_8

Dsc_0145_7

半年前くらいにお邪魔した台湾人の友達Yさんのところにまた泊まってきたんだけど、今回はベルリンから赤ちゃんを連れて4人で旅行という、なかなかユニークものだったよ。

うちらはベルリンでも近所同士なので、タクシーをシェアして一緒に出発。

チェックインしたテーゲル空港の待合ロビーの隅で、みんなで赤ちゃんの紙おむつを取り替えたりした。俺は手は出してないけど、見張り役! そう、1歳未満の赤ちゃ1んに、恥じらいはない (^○^)

今回もパリでは生活することは中心だったけど、バラエティーに富んだ日程だった。

まず家に着いてすぐ、土曜の昼下がりということで買い物に出かける。まず買うのはベビーフード、そして、6日分の食料(外でも食べたけど、念のためということで)、それに、狭いパリの小路に合った折りたたみ式ベビーカー。パリではマクラーレンというメーカーが人気みたいで、みんな得意気に!?わが子を乗せて街を闊歩している。

フランスで赤ちゃんの離乳食なんて見たのは初めてだけど、ドイツと同じで、有機農業の食材のみを使ったBIOの店(フランスではAgriculture biologique(AB)という表示)に瓶詰めの離乳食がずらりと並んでいる。

違いと言えば気づいたのは、フランスのベビーフードでは産地表示がドイツより徹底していることだ。「オランダのアスパラガス、スペインのかぼちゃ、ボルドー地方のぶどう」、なんて具合に書いてある。でもこうして見ると、本来近くで作るコンセプトであるべき有機栽培でも、隣国産の食材がなんと多いことか!

Yさんの話では、フランス産のベビーフードはドイツのものよりも香りが強いということだが、俺は味わったことがないので確かめられない。でも、食事・食材を選ぶ時、値段とか原材料とかといった「客観要件」にこだわるドイツ人と、おいしいとか香りがいいとかという「自分の満足度」にこだわるフランス人の違いが、離乳食にも現れているなんて面白い。

翌日日曜には、Aちゃんが行きたがっていた近くのマーケットへ。Marche de Bastille という場所だ。

パリで最大の市場という割には、さほど大きくない。でも、豊富で新鮮そうな魚介類には圧倒された。もう、言葉にならないワンダフルな風景 ( ̄¬ ̄)

Dsc_0012_1

Dsc_0020_2Dsc_0021_3

だって、肉類の店や品揃えよりも、魚介類の方がずっと充実しているんだから!! 本当においしそう。。。 ベルリンのうちの近くのマーケットでは魚屋さんは2件だけ、それも、小型トラックをそのまま使った出店のようなものだ。なんたる格差。。。

5年間以上会っていなかった、俺の大学サークル時代の友達C君にも会った。サークル仲間なので、共通の友人は多い。フランス人の彼も今は結婚して子供が2人いるお父さんだ。

今回会えたのは彼だけだけど、こちら側はみんなで行ったので、赤ちゃんをベビーカーに乗せてパリの地下鉄に乗るという、なかなかない体験に (・O・)

パリの地下鉄の入り口は、切符を入れると重たい鉄の扉が自動開閉するようになっている。挟まれると危ないし、ベビーカーが通れる広さもない。だから係員に頼んで、荷物運搬用の仕切りを開けてもらうしかないのだ。

古いから仕方ないのだがバリアフリーなんてコンセプトはないようで、いたるところに階段があり、ベビーカーを担いで移動するしかない。それに、大都会だから電車はもちろん込んでいる。赤ちゃんだから泣くこともある。まあ、ハラハラだったよ。。。 

そして、C君とカフェでつかの間の再会を楽しんだ。

その間、おいしいココアのカップに赤ちゃんに触わっちゃってこぼれ、場慣れしたウェイターのお兄さんが 「Ah, t'as deja fait ton boulot! (ああ、君はもう自分の仕事をやっちゃったのか!)」 と笑いながら後始末してくれるという場面もあったけどね (∩_∩;)

2

Aちゃんは、ベルリンを出発する数日前から「最高の食材を手に入れたいもん!」 と張り切っていろいろ調べていたのだが、フランス南部の有名なジャム職人による手作りジャムを買いにラファイエットまで繰り出した。

売り場はこんな感じ。小さな一瓶で7ユーロ(約1100円)もするものだけど、マンゴやいちごなど6種類を買ってきた。帰って食べてみると、フルーツがそのままの形できれいにぎっしり並んでいて、香ばしくて美味しかった!

5

Dsc_0308_9

月曜夜にはYさんのフランス人の旦那さんBさんも帰ってきて、チキンをグリルして家で食事したけど、ハイテクのオーブンを使ってこんがり焼けて、これもなかなかおいしかった。 

その夜はその後、マーケットで買ってきたチーズとワインを囲みながら盛り上がり、4メートルの高い天井の下で気持ちよく談笑したよ。

3

短い間だったけど楽しかった! 

また来るね (@^^)/~~~

« 生活の喜び | トップページ | 生まれてすぐ出社!? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つかのまのパリ暮らし:

« 生活の喜び | トップページ | 生まれてすぐ出社!? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31