無料ブログはココログ

« ポーランドを救った放射能対策 | トップページ | 放射線ビジネス »

ウイーンの子育て事情

先週末は、仲良しの友達夫婦を訪ねて、ほぼ3年ぶりにウイーンで過ごした

どこも壮麗で格調高く美しく、文明の圧倒的な蓄積があり、図抜けてコスモポリタンなこの街は、ドイツ語圏の中では俺もAちゃんも一番住みたいと思っている場所である。

イタリア人とオーストリア人のカップルであるお二人には、1年半前にかわいい女の子Mちゃんが誕生! これまでとびきり活発で社交的だった二人の生活がどういう風に変わったのか、ぜひ知りたいという好奇心旺盛で出かけたのだ (^u^)

短い時間だったけど、ウイーンの子育て環境を垣間見ることができた。

この二人は、Mちゃんの他に、もうすぐナイジェリアから生後3ヶ月のアフリカ人の男の子を養子に迎えるという。だから乳母車も”買い替え時期”に入っており、一人用の乳母車は来週売りに出すとのこと。

まあ彼らは、家、車の中、別荘の中、イタリアの家(奥さんCさんの実家)など、合計5~6台の乳母車を持っているというというから、スケールが違う (;^_^

なだらかな丘陵に囲まれた人口160万人の小首都ウイーンは、仕事・交友・文化イベントを子育てと両立させやすい環境にあると思う。

Pict0052Pict0042市中心部には大きな公園もいくつかあり、おいしいケーキが食べられるカフェも併設されているブルグ公園では天気がよかったこともあり、広大な芝生では大勢の人がくつろいでいた。Cさんたちの子連れの友達とも待ち合わせ。

駐在員や外交官の多いウイーンではVienna Baby's Clubという会があり、妊娠中や赤ちゃんを抱える外国人夫婦が気軽に知り合えるようになっている。毎週活発に活動しており、英語による赤ちゃん救急法レクチャーなども講師を呼んで独自に企画しているというから、頼もしい。

水が大好きなMちゃんは噴水の水を触ろうとして乗り出し・・・

Pict0046気づくと、同じことをやっている子供がたくさんいた 笑

Pict0056夜に”偶然”初めて行った国立オペラ座(Staatsoper)は、ラッキーなめっけものに感動した。

公園に行きがてらCさんにとちらっと立ち寄っただけなのだが、ゲーテの有名な劇ファウストが上演されていて、20ユーロ(!)の席がまだ取れることを知り、その場でチケットをゲット。

Pict0062建物に入るやいなや、まばゆいばかりの金色にかがやく柱と、天井まで描かれた壁画に圧倒される。Cさんいわく、「舞台を見なくても来る価値がある」というのは、まさしく本当だ。

Pict0065Pict0064幕間の休憩時間にカクテルやおつまみをたしなむスペースでさえ、このきらびやかさ!

控えめなドレスやスーツの観客が多い中で、ジーンズ姿の自分が若干気になったが、こんなところに来るなんて知らなかったんだから、まあしょうがない・・・

Pict0068客席はこんな感じ。5人~6人ごとにコンパートメントのような部屋に入って観賞するようになっており、一番前列は100ユーロ以上するが後ろの席は安い。左半分が見えないが、舞台そのものからは非常に近いこともあり、立ち上がって身を乗り出せば迫力ある演技が至近で楽しめるのである。

Pict0074オペラをこれまでに一度しかなく、(ドイツ語圏の学校では必読書の)ファウストも読んだことがない門外漢の俺でもこれはすごいと思う歌声と、ウイーンフィルの奏でる生演奏には、本物のレベルの高さが伺えた。かなり通っている常連のCさんでも、今回の出来は特段に良かったと言って、心から満足そうだった。

ところでこの国立オペラ座、彼らの家から市電で5分の距離にある。

Cさんいわく、上演中にベビーシッターからMちゃんが泣いているというメッセージを受け、休憩時間に家に駆け戻って母乳を与え、オペラ座に舞い戻ってちゃんと続きに間に合ったことがあったという。何気なく話しているけど、これだけのレベルの高い文化イベントと子育てを両立できるのは、この街とこの母親の両方があってのことなのだろう。

家に戻るとMちゃんが下痢をしていたようで、いろいろあって寝付いたのは午前2時頃だったらしい。子育てはいろいろと大変だねえ~

Pict0084  Pict0089 Pict0095翌日はゆっくり起きて朝食を食べ、車で25分くらいの場所にある一面のブドウ畑へ。おいしいワインの産地でもあるらしく、Mちゃんとブドウ畑の中で戯れたり、タンポポを摘んだり、ベビーカーを押して散歩道をのんびり歩いたり、外でゆっくり座って土地の料理を食べたりした。パパとママに愛されているMちゃんのしぐさは、ほんとにかわいい~

25度近くの快晴と絶好の天気だったこともあるが、とっても気持ちがよかった。  

あっという間の”家庭生活”だった、2日間のウイーン。次来るときは彼らは(少なくとも)4人家族になっているのだろう。

また来るね~!

« ポーランドを救った放射能対策 | トップページ | 放射線ビジネス »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

これってCさんか。。。素敵だね
久しぶり。。。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウイーンの子育て事情:

« ポーランドを救った放射能対策 | トップページ | 放射線ビジネス »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31