無料ブログはココログ

« 金融危機でも絶対確実な投資 | トップページ | ”海外”は日本の延長なのか!? »

ベンツ車は高級か!?

先週、1年ちょっと乗っていたリース車を3年のリース期限到来で返却し、3ヶ月のレンタカー契約で別の車に乗り始めた。

”他に乗る人がいない”という理由で、思えばひょんなことから「不本意に」使い始めたBMWの5シリーズだったが、12万キロも走行したから頑張ってくれたと思う。

昨年1月に赴任して初めの3ヶ月間は、余ったVWパサートを使っていた。ところが、会社で唯一BMWを使っていたドイツ人のトップが辞めたため、その車が俺に回ってきたのだ。

しかし当初はこの決定に、ちょっと不満だった。BMWの5シリーズと言えば、日本では車体価格で1000万円になる高級車だけれども、単純に運転するにはあまり実用的ではないのだ。

まずカーナビが使いにくい。携帯電話はBMW専用の機種しか使えない(だから俺はイヤホーンにしていた・・・)。

運転席の横に、カップやコーヒーを置く台がない(後部座席にはある)。

iPhoneなどの音響機器を差し込む場所が後部座席にしかないので、助手席からは非常に操作しにくい。

ハンドルの位置が邪魔になって、運転席から見にくい操作盤がある。

車体が大きい割には、荷物を入れるトランクのスペースが小さい

要するに、後部座席が快適にできていて、運転席の快適さへの思慮が少ないのである。

ひとつひとつは大したことはないようだけど、車の使用頻度が高く年間45,000キロくらいは運転することを考えると、やはり使いやすく実用的な車がいい。

唯一いい点は、高速運転での絶対的な安定性と、3ℓエンジンの加速である。アクセルを全開にしたことは一度もないが、やはり加速はすごいし、220キロ出しても50キロ走行のときと揺れも走り具合も全然変わらない。でも、エンジン性能だけのためにこんな車に乗ることは、自費なら間違ってもやらない 笑

あと、BMWに乗る無視できないデメリットがもうひとつある。それは、社内の人の反応だ。

ドイツはもちろん欧州は車社会であり、車は個人のステータスに直結している。だから、誰がどの車に乗っているのかは、誰もが気にする重要事項となっている。

ドイツでは社会通念として、経営者はベンツかBMW、営業はVWパサートかアウディA4に乗るもの、と決まっている。もっとも最近では、経済危機などもあって営業車をVWゴルフに格下げする会社も出てきているようだ。

しかしドイツ国外ではこの基準は異なる。一般的にイギリスやフランスでは、ドイツよりも若干格下の車を使う傾向がある。だから、他の欧州経営者の車よりも俺の車が断然「上」に見えるため、普通なら、いろいろ影で言われることもある(俺が自分で注文した車じゃなくて前任者の”お古”だから、まだましだった)。

日本から出張者が来る場合には、もっとやっかいだ。日本ではパサートでもすごい車ということになっているし、BMW5シリーズに俺のような立場の人間が社有車として乗っているということは、信じられない贅沢に見えるのだ。

しかしこの議論には、ドイツと日本の社会的な認識の違いをしっかりと把握することが必要である。同じ”車”だからといっても、社会的な位置づけが全く異なる。

日本では白のバンか、軽自動車に毛が生えたような車を営業車として使うことが多い。

日本の営業マンは朝は電車で出社し、朝礼などを終えて、9時になると駐車場に下りて車を取り、得意先へ出かけていく。夕方に会社に戻り、日報など雑務を行って、まだ電車で帰宅する。地域ごとの分担ができているので、走行距離はあまり長くない。

欧州では営業マンは広い領域をカバーすることが多いので、ホームオフィスが一般的だ。会社に行くのは2週間に1日くらいだろう。一日の走行距離も数百キロになる。事務をする日は、一日自宅で集中して行う。

また、欧州のマネージャー以上には、経理などバックオフィスも含め、会社が車をベネフィットとして与えるのが一般的だ。それは個人で使うためであり、週末や休暇にも当然使ってよい。本人のステータスの意味もあるため、ある程度のレベルの車を与える。

国土が狭く、混雑していて高速料金や駐車料金の高い日本の都市圏では、車の利用は最小限にするのが効率的であるし、趣味でもない限り、車に投資などしないほうが賢明だ。しかし地続きの欧州では昔から車でイタリアでもスペインでも行くものであったし、日常でも頑丈な車が必要になる。

そもそもドイツでは、タクシーはもちろん、トラック、消防車、救急車、はてはゴミ収集車まで、ほとんどベンツである。

しかし、本社勤務・欧州勤務両方の長い先輩いわく、

「日本(本社)の人は、ベンツとBWWは、イコール、”高級”だと思っているから、できればやめたほうがいい。CクラスとかEクラスとか、そんなことは関係ないし、相手にそんな知識もない。とにかく避けておいたほうが無難だ。」

・・・まあそれが可能なら結構なんだけど、ここはドイツ。レンタカーでも、オートマ車など一定条件を指定すると、出てくるのはだいたいベンツである。

今回は、ベンツとBMW以外の”無難な”車で、一定条件を満たすものを探すべく、全部のメジャーなレンタカー会社をあたったのだが、やっとあったのがBMW X1.1.8ℓの排気量しかないので100キロから200キロに加速するのに10秒以上かかるが、車内の仕様などは前の車よりはずっと”実用的”だ。

このかわいらしいBMWにとりあえず3ヶ月乗ろうと思っているが、”世間”の反応は如何に!?

« 金融危機でも絶対確実な投資 | トップページ | ”海外”は日本の延長なのか!? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベンツ車は高級か!?:

« 金融危機でも絶対確実な投資 | トップページ | ”海外”は日本の延長なのか!? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31