無料ブログはココログ

森を歩く

ここ数日のベルリンは、快晴で20~22度という素晴らしい天気が続いている。あの長かった冬がうそのようだ V(^0^)

Aちゃんの妹(Gさん)がオランダから1週間遊びに来ているので、ベルリン市中心部にある大きな公園(Tiergarten)に出かけた。

まぶしい緑が春を彩り、歩けば頬には暖かな太陽の光の感触がじーんと伝わってくる。林の中に満ちる木々の香りはさわやかで、そよ風は肌に優しく、我々が生きている証を感じさせるに足るものだ。ある意味、最高の贅沢かもしれない。

B3

これだけ天気がよい休日でも、いったん茂みに入ると人影も見えなくなるような場所がある辺りは、さすがに市街地が広々としたベルリンだ。

公園の一区画(といっても広大なスペース)はバーベキューができる場所になっていて、みな思い思いの場所を陣取って楽しそうにやっている。

B1

B2公園の真ん中を突っ切るブランデンブルク門までの広い目抜き通りでは、この日はお祭りが行われていた。

いろんな出店や子供の遊具、子供向けの消防車の展示などがあって、日本でもどこでもおなじみの光景。売っているものがやや画一的なのが残念だけれど、それでも陽光の下でのんびり散歩しながら楽しむには十分だ。

こちらは、あまりチョイスのない雑貨に見入っているAちゃんとGさん。服装が春ねえ~ 彡^_^レ

B5

さらには、子供たちのために子馬(ポニー)を連れてきて、有料で乗せてあげるスタンドもあった。子供たちはおっかなびっくりで緊張した面持ちだ。

B4

最後は帝国議会の横にある、おいしいソーセージ屋さんでカレー・ソーセージとフライドポテトを楽しんだ。

人工物や人工的なものがあふれ、生活の大半がその中に埋もれてしまっている現代。本当の自然どころか人工の自然(公園など)に触れることすら毎日ではない

森や山を歩くといった単純なことが人間にとって大きな喜びであることは数多くの人が指摘している。でも、その「喜び」を数値化する方法はアンケートくらいしかないのが現状だ。

一方で収入や経済規模の拡大は数値化できる。だから「客観的になるために」数値化できる指標だけに目標を絞って「改善努力」していく。その結果できたのが現代社会であり現代生活だ。

ルネサンス以来、人間は、神じゃなくて人間の理性を信じると「改宗」した。そして世界中の星の数ほどの研究者が涙ぐましい努力を重ねた。さらにITの発達で最新研究がすぐ世界中で利用できるようになり、「進歩」は加速度化した。

ところがその結果、数字にできない「喜び」が失われて、人の不満は解消していないというが一番皮肉なところだ。日本での統計的にも、1960年以来、人の幸福度は横ばいだという。この間の経済成長や「進歩」とは、いったいなんだったんだろうね。

ともかく、走り出した機関車は慣性があるから止まらない。

旧来の延長線上での「進歩」は続くだろうけれど、同時に、より加速的に重要になるのは人間(動物)本来の喜びやニーズを満たすことだと思う。臨界点が来て逆転するのはそんなに先ではないと思われる。

この逆転モードがどの時点で起きると読んで行動するかは全くの賭けだけど、方向性を見誤ってはいけないだろう。

爆音の夕暮れ

2006_0217manzananeukoelln0018_1 2006_0217manzananeukoelln0021_1                    あまりの多忙さに、ブログも数日間ストップしていた。

ドイツ入りして1週間ちょっとが過ぎたが、その間休みの日はまだない ヘ(´o`)ヘ

昨日はさすがに若干へろへろしていた。でも、おかげで、物事は少しづつはかどってきているかな。

ここ数日、割とあったかいし(=0度前後)。

今日見てきた物件は、都心のど真ん中にある空港のすぐそば。

町並みはごく普通だし、普通に人が住んでいる住宅地(写真左)。

ヨーロッパの街って、建物が隙間なくびっしり立ってるじゃん。でも、よく見ると、写真の左側に空き地があるでしょ。それがなんと空港なのだ w(°o°)w

建物から低いフェンス(写真右)まで、100メートルもない

歩いていると、突如、ものすごい轟音がどどろきはじめる。見ると目の前で、中型プロペラ機が飛びたとうとして、滑走路起点に向かってターンしているしているではないか!!

その距離、フェンスからわずか20メートルくらい。ってことは・・・ その住宅から機体まで120メートルしかない ( ̄△ ̄;)

実は昨日も、この近くの別な場所に夜に行った。

きれいな建物に囲まれた、木の生い茂る、いい雰囲気の小広場。

そっ その時、B29の編隊が空襲に来たかのような、激しい爆音が闇に響いたのだ。

夜で暗いし、高い建物でびっしりなので、機体も見えないから、まじで怖かったよ (゜.゜;)

戦後、西ベルリンが封鎖されていた時に、アメリカ軍が援助物資を毎日空輸してきたといういわくつきの西ベルリンど真ん中の空港が、東西ベルリン統一から15年以上たって別な空港もあるにもかかわらず、いまだに使われ続けている。ベルリンの複雑な歴史の怪奇だね。

こういう所でも、がんばって住んでる人がいっぱいいる。どんな気分なんだろう・・・

仕事で会うような、中上層階級のベルリンのドイツ人に聞くと、

「あっ その空港は、チャーター便がたまに飛ぶ程度だよ」

とか言うけど、いい場所に住んでる人はこういう苦労を知らないだけ。実は、定期便が、もっともっといっぱい飛んで来るんだ。

世の中、不条理だね。

さて、明日は初めての休日。ブリュッセルに飛んで、ポーランド人の元彼女に会ってくる (V^-°)

ずっと会ってないから、かなりドキドキ・・・

まあ、ほんとにドキドキなのは、実は次の週末なんだけどね。お楽しみに!

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31